探偵比較コラム6

探偵比較コラム6

探偵比較コラム6

「妻がひそかに浮気中?」と疑ったときは、やみくもに動き回らずに、やるべきことをやって行動していただかなければ、証拠の確保が難しくなって、ずっとつらい目にあうことになるかもしれません。意外なことに離婚前でも、浮気だとか不倫(いわゆる不貞行為)の事実があれば、慰謝料を払えと主張するのは問題ありませんが、正式な離婚を伴う方が認められる慰謝料について増加傾向になるのは実際にあるようです。不倫調査に関しては、その人ごとで調査範囲や内容などが違っている場合が大部分であると言えます。だから、調査内容の契約内容がはっきりと、かつ抜かりなく取り決められているかの確認が欠かせません。配偶者である妻や夫の不倫問題を察知して、「絶対に離婚!」という考えが固まっても、「自分を裏切った相手の顔は見たくもない。」「話し合いなんかする気にもなれない。」なんていって、話し合いの場を持たずに離婚届を勝手に提出するのはダメです。「妻も自分を愛してくれているはずだ」「家族に内緒で妻が浮気しているっていうのは嘘か間違いに違いない」そんなふうにおっしゃる方がかなり多いことでしょう。だが現に、不倫や浮気に走る女性が密かに増えているのがわかります。

探偵比較コラム6関連ページ

探偵比較コラム12
説明文12
探偵比較コラム11
説明文11
探偵比較コラム10
説明文10
探偵比較コラム9
説明文9
探偵比較コラム8
説明文8
探偵比較コラム7
説明文7
探偵比較コラム5
説明文5
探偵比較コラム4
説明文4
探偵比較コラム3
説明文3
探偵比較コラム2
説明文2
探偵比較コラム1
説明文1